1. HOME
  2. 意外に知らない金の種類

持っていても意外に知らない金の種類。そんな金の特徴について詳しくご説明しています。

意外に知らない金の種類

それぞれの金の種類や特徴について

金製品のアクセサリーをお持ちの方ならご存知だと思いますが
24kや18kといった金の表記をよく見かけますよね。
これは純粋な金と他の金属の配合率の事を指していて
18金や純金といった言葉と同じ意味を持っています。
でも言葉は聞いたことがあってもそれぞれの金の特徴や
違いをよく分かっていないという人が
ほとんどではないでしょうか?
もし金の買取を考えている場合、
自分が持っている金の種類が何なのか、
買取相場はどれぐらいなのか知る事ができます。
金は色々な形で加工されているので
純金だけでなく、アクセサリーや指輪など
多くに使用されています。
なので今回は金の種類とそれぞれの特徴について
ご説明していきます。
まずは純金とも呼ばれる24金。
表記では24kとなっていますが、他の金属を混ぜていない
金の純度が99.99%以上の物が24金とされています。
金貨や金地金に使用されていて
変色や腐食が起こりにくいという特徴があります。

金製品の参考画像

次は22金についてご説明します。
24金や18金なら聞いたことがあるけど
22金は聞いたことがない、という人も多いかと思います。
実は日本では22金を使った金製品がほとんどないので
馴染みが無い人が多いのです。
22金は金の純度が91.7%以上の物を指します。
純金に比べて硬い素材で価値もあるので
金貨などに加工されています。
最後は18金についてご説明ます。
日本で多く出回っているのが18金製品です。
金の含有量が75%を超えるものが18金と呼ばれています。
耐久性に優れ変色にも強いので
アクセサリーや指輪などの加工に
最も向いている金製品といえるでしょう。
金以外に含まれる成分として銀や銅があげられ
配合の量によってピンクやイエローなど、
様々な色味に変化していきます。
3つの金の種類についてご説明しましたが
如何でしたでしょうか?
もしお手持ちの金の種類を調べたい場合は
表記されている数字に注目してみましょう。